ぶらウン之助

この作品は、神戸の新長田にある劇場、Art Theater dbでレジデンス制作されました。
劇場を拠点にして街の中を縦横無尽に歩き回り、撮影し、食べて、眠る。そのような日々で感じた、様々な匂いや風景を振付によって記憶し、劇場の暗闇の中に鮮度を保って持って帰る。
そして川崎自身の身体と映像で、編集していく作業の果てに、まるで土地を人格化したような1人のキャラクターが生まれました。それがぶらウン之助です。
虚構とリアル、映像と肉体、二次元と三次元の間を散歩しようとする彼は、夢のロジックをさまよっているようにも思えます。

演出・振付・映像・出演:川崎歩
衣裳:くげゆか
協力:高橋健二
共同制作:DANCEBOX レジデンス・プロジェクト(2011年)
作品時間:30min


初演:2011/7/30 (Art Theater dB Kobe/神戸)


2012/2/18-19 KOBE-Asia Contemporary Dance Festival #02 (Art Theater dB Kobe/神戸)