20190908

映画『ヒッチコック』を見る。

サイコ撮影時のヒッチコック夫妻の関係性をモチーフにしている。最終的にサイコは成功して、夫妻の仲も修復されたかのような結末だが、次作の『鳥』と『マーニー』の主演女優、ティッピ・ヘドレンに対する異常なセクハラとパワハラを知っていると、なんだかなーという気分。

サイコ初演時、劇場の外で観客の悲鳴に合わせて、ヒッチコックが満面の笑顔で指揮の振りをするシーンは、ルノアールの『フレンチ・カンカン』で、劇場の興行主のジャン・ギャバンがクライマックスのレビューのときに、劇場から漏れ出す観客の熱気に、にやりとするシーンを思い出した。『Sing』もそうだった。この構造はいつも泣ける。